ウェブマガジン旅色の北海道(知床・網走・北見)グルメ&観光特集に紹介されました






ケダマ モンド

Monde Selection 2018・2019・2020

モンドセレクション2018.2019.2020にて銅賞・銀賞・金賞・最高金賞とあるうち、各カテゴリーを評価して頂き、3年連続 ”最高金賞” を受賞する事が出来ました。皆様のたくさんの応援の賜物です。


6

Annual Awards Ceremony

2018.スペイン バレンシア、2019.イタリア ローマにて授賞式が行われ、品質の高さとクオリティーを示す事が出来ました。応援して下さっている皆様、加工しているスタッフさんにも喜んで頂けました!





IMG_ケダマ

お客様の声から出来た自慢のケダマ。

毛蟹の美味しさと、殻剥きの難しさのジレンマ

毛蟹の旨味は北海道を代表するもの。しかし鋭利な殻と細かな隙間が多い事から殻剥きの難しさがお客様を悩ませていた。




作業風景

機械作業を行う事で多少の時間短縮は出来ます。

しかし、細かな殻の混入や身の取り出しは手作業でなければ高いクオリティーを維持出来ません。

私たちはそこにこだわります。




毛がに

以前、ケダマ作成にあたって北海道各地の毛蟹を茹で、剥き、そして出た結果。

“網走産のクオリティーの高さ”

私たちは年間約15,000尾の毛蟹を剥き、状態を確認し続けています。

1尾1尾剥き、身質や特徴を知っているからこそ

北海道網走産にこだわります。



水揚げ


鮮度をくずさない

毛蟹籠漁は1尾1尾を傷つけぬよう丁寧に扱う。

なので鮮度・状態が極めて良いまま水揚げされます。

漁師さんも最後まで気を使い大事に扱います。

こうして船からあがる元気いっぱいの毛蟹はよく動き走り回ります!
水揚げ後はスピードが命。すぐに自社工場へ搬入し作業へと移ります。





ケダマ

お客様の声から生まれた ”素材” と ”手間” の融合

しなやかでしっかりと伝わる甘みのある”身質”。芳醇で栗のような味わいの黄金色の蟹味噌。そんな素材を食べやすく、丁寧に丁寧に全てを詰め合わせた逸品。味では蟹の中でも”1番”の呼び声高い毛蟹。ただ殻が固く剥きにくい事が敬遠されてきた。そんなお客様の声から、爪の先から殻の隙間まで、1尾まるまる余す事無くご提供したい。口に運ぶまでに難しい殻剥きの作業を無くし、純粋に毛蟹を味わって頂きたい。それがケダマ誕生の原点。



鮮度の良い毛蟹

高鮮度
市場へ上がる毛蟹を厳しくチェック。活きの良い厳選された素材のみがケダマへと変わります。

洗浄

磨く
1次チェックで通った毛蟹は活〆した後、関節や甲羅についた汚れを落とします。洗浄機とスタッフのブラッシングにより綺麗に下準備を済ませ、大事な素材を磨きます。

茹で

こだわりの茹で上げ
磨いた毛蟹たちは脚が折れていないなど細かな部分を確認し、大きな丸釜へ入れていきます。一気に茹で上げる釜の近くは毛蟹の風味豊かな香りでいっぱいになります。

選別

厳しい選別
茹で上げた”最高の素材”はここでも再度破損がないかチェック。重さや大きさなど各カテゴリーに選別します。







毛蟹むき身

みずみずしく甘い蟹肉
みずみずしく繊細で上品な毛蟹。口の中で解けてゆく柔らかい繊維は、一本一本に味わいがあり噛むほどに旨味が染み出ます。道民にこよなく愛される毛蟹。そこには至福の一時が待っている事でしょう。



毛蟹 蟹味噌

濃厚な蟹味噌とのマッチング
まるで甘栗のようなまろやかさと、口の中に広がる芳醇な味わい。黄金色に見える蟹味噌はその品格を表している。質・量ともに申し分ない。蟹肉と絡む事で一層その味の濃さがわかるでしょう。これぞ贅沢の極み。





ケダマ盛付

北海道網走市が誇る”自慢の毛蟹”。

その旨味を是非ご堪能下さい!






文言2021

ケダマ450



ケダマセット







ケダマS



ケダマS3







ケダマL



ケダマ2L











有限会社 牛渡水産
営業時間: AM6:00〜PM4:00
(日曜定休、年末年始、その他連休)
※詳しくはお問い合わせ下さい。
add: 〒093-0051 北海道網走市北1条東2丁目15−10
Tel : 0152-44-5084
Fax : 0152-45-2347
Mail : office.in.ushi@gmail.com

©有限会社 牛渡水産/この恵まれたオホーツクの幸を本来の姿で、本来の味で


Link | リンク
各項目・ページへのリンク一覧