ウェブマガジン旅色の北海道(知床・網走・北見)グルメ&観光特集に紹介されました






から酒、殻酒

古くから伝わる“北”の漁師酒のご提案。伝統ある“北の漁師酒”

網走の漁師が港で楽しんだ「から酒」

&deco(#FFFFFF){厳しい寒さと荒波のオホーツク海。
その海で育った恵みの蟹を余す事なく楽しみます。};

鮮度にこだわり、ひとつひとつ手作業で剥かれた風味が濃厚な蟹脚の殻を、

いくつもの乾燥工程を経て最後に香ばしさが出るギリギリまで炭火で炙ります。

燗酒に入れれば素材本来のうまみ、蟹の豊かな風味と香ばしさが冷えた身体に沁み渡ります。

&deco(#FFFFFF){琥珀色に輝く“から酒”を是非体験してみて下さい!
};

cols{{

から酒、殻酒

1つ1つ手作業で

蟹の殻は非常にデリケートです。手を抜くと臭みが出たり長期間保存も出来ません。

塩でもみ込み、1つ1つ丁寧に乾燥や炙りでその個性を出していきます。

そうすることによって熱燗に入れた後の風味やや香ばしさが際立つのです!

}}




から酒・殻酒

”西”の【ひれ酒】”東”の【から酒】
​#br(-20)

古くから伝わる西と東の“ご褒美酒”

今から約70年以上も前から粗悪な酒を驚くほどまろやかに、そして風味豊かに変化させる魔法のような飲み方として港町周辺で親しまれてきた。

西の『ひれ酒』は日本酒好きのみならず多くの方が知っている高貴な日本酒の飲み方としてその地位を確立している。

東の『から酒』は蟹を食べないとなかなか味わえない事から、知る人ぞ知る日本酒の楽しみ方として人気がある。





いばらがに・イバラガニ・から酒・殻酒


網走が誇る超特産 ”いばらがに”

食の宝庫として知られる北海道網走市。その中でも”いばらがに”は世界に誇る網走市の自慢の食材。

その蟹の殻をいくつもの工程を経て最高の状態のチップに変えていきます。






他の魚介類と抜群の相性

イバラガニの風味とまろやかな味わいが熱燗に溶け、お造りや魚介の料理との相性が抜群!

古くから楽しんできた港町の漁師の文化酒。新たなお酒の楽しみ方を”網走市の文化酒”という形でお届けいたします!

から酒+殻酒、いばらがに






網走市内・近郊では25店舗以上の飲食店が ”から酒” を振る舞い、各々の自慢の料理と合わせ人々に喜んでもらう。

網走が誇る古くから伝わる ”酒文化” が今こうして町に賑わいを!そして酒好き達の新たな発見として注目されている!






から酒・イバラガニ


酒縁酒場 屯々

から酒+オホーツク3種あっさり煮(いばらがに、ツブ貝、特製ちくわ)




いばらがに・イバラガニ・から酒


Sushi Bar The 縁戸

イバラガニとニシン白子のホワイトソース添え




いばらがに・イバラガニ・から酒


鮨 やまし田

イバラガニの握り




いばらがに・イバラガニ・から酒


あみさい

ホタテジャガイモ饅頭・イバラガニのあんかけ

三色絹田巻

イバラガニのサラダ











から酒・殻酒




“から酒” 発祥の地 北海道網走市

食の宝庫として知られる北海道網走市。目の前には日本一の寒水地帯『オホーツク海』が広がり、大雪山・知床世界遺産・阿寒摩周と3つの国定公園に囲まれ、多くの湖・川があり、壮大で豊かな自然がこの町の“食”を支えています。

その網走からまた1つ、世界に誇れる新たな酒文化の発信を行います。

古くから港で愛され、今でも歴史が物語る深い味わいが自慢の“から酒”。

多くの方に私たちの港事情や自慢の“食”を知って頂き,そこに幸せを生みたい。北海道網走市の新たな挑戦の始まりです!








から酒・殻酒・イバラガニ


※20歳未満の方へは販売出来ません。







有限会社 牛渡水産
営業時間: AM6:00〜PM4:00
(日曜定休、年末年始、その他連休)
※詳しくはお問い合わせ下さい。
add: 〒093-0051 北海道網走市北1条東2丁目15−10
Tel : 0152-44-5084
Fax : 0152-45-2347
Mail : office.in.ushi@gmail.com

©有限会社 牛渡水産/この恵まれたオホーツクの幸を本来の姿で、本来の味で


Link | リンク
各項目・ページへのリンク一覧